×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

睡眠薬とメラトニン

メラトニンとは?

メラトニン

メラトニンとは、睡眠ホルモンとも言われ、通常人が長時間活動していると、このメラトニンというホルモンが脳内に蓄積され、疲れを感じて眠くなるという人体のシステムになっています。そして、睡眠をとるとメラトニンは消えてなくなり、また人は元気に活動するのです。ですから、メラトニンを摂取することによって、不眠症や時差ボケ解消に効果があります。このメラトニン、朝起きて太陽の光を浴びてから15時間経たないと分泌されないようです。夜になると眠くなるのはこのメラトニンの働きによるものなのです。

 

生活サイクルが昼夜逆転している人や、不規則な人に不眠が多いのは、こういう理由があるのですね。朝起きて夜眠るという生活のリズムをつくることが不眠症には効果的ですが、ストレスをはじめ、さまざまな理由で不眠症に悩む人のための、メラトニン配合のサプリメントも発売されています。ただし、むやみに昼間にメラトニンを摂取すると、睡眠のリズムを崩してしまいますので注意が必要です。アメリカではメラトニンがサプリメントとして販売されており、不眠治療に使われています。現在、日本ではメラトニンは販売されていませんが、インターネット通販を利用すれば、手軽にメラトニンを個人輸入することができます。

 

メラトニン メラトニンの通販 詳細はこちら